國美藝術展活動

2012年度第36回國美藝術展の様子が月刊 KOREA TODAY 2012年8月号に掲載されました。

(以下記事一部転載)

理事長代表作富士の風景(F150-120号)
賛助出品

展覧された作品は計365点。「赤富士」で知られる高山勝雄理事長の「朝の風景富士」「秋の風景富士山」「軽井沢風景」、「日本美桜」「秋の農村風景」、さらに歌手の畠山みどりさんの書「俺の人生」(無監査認定作品)などが観賞者の注目を集めていた。
6月21日のオープニング式典には、宋大憲・(社)韓国國際美術協会会長をはじめ後援団体のアートジャーナル社、写真弘社、書道芸術社各社が参加、高山勝雄理事長、両協会員とともにテープカットを行った。

國際美術協会は、アジアで芸術文化交流展をはじめ、國際美術協会主催國美藝術展全国47都道府県市町村小・中学校美術部門教職員作品選抜展(年1回)開催企画並びに全国小・中学生美術作品展開催計画準備を進めている。

第36回國美藝術展 国際公募選抜展
2012年6月21日〜27日
東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)
NPO法人國際美術協会(高山勝雄理事長、東京都新宿区大久保1-1-45-801)主催の「2012年第36回國美藝術展 国際公募選抜展」が6月21日〜27日、東京都美術館で開催された。連日、多くの鑑賞者で賑わい、会期中の入場者は3,275名に上った。アジアからの後援により、外務大臣・都知事賞特別名誉賞が特別選抜参加作家に、また、特別優秀作・招待作家認定証が海外出品作家にそれぞれ授賞された。
公募作品は、洋画・東洋画・日本画・書画・水墨画・水彩画・イラスト、版画、工芸、彫刻、陶芸、切り絵、写真と全国盆石家元代表推薦の盆石作品。國美藝術展は、他の美術団体所属会員の出品も受け入れており、選抜特選作として展示された。